【初回限定お試し価格】 【ikbp5】 JVM410H Marshall-アンプ

【初回限定お試し価格】 【ikbp5】 JVM410H Marshall-アンプ


[→くわしく見る]


MIDI対応プログラマブル・フルバルブ・ハイゲインアンプ
スタジオ・クォリティの高品位デジタル・リバーブを搭載した、MIDI対応4chアンプ。これほどの表現力と機能美を持ったアンプが今までにあっただろうか。
JVMの4つのチャンネルはそれぞれ3つモードを持っています。グリーン、オレンジそしてレッドのLEDによって識別される各モードはそれぞれ固有のキャラクターをクリエイトします。それはあたかも12台のオール・バルブ・アンプが1台のアンプに収まったかのようなフィーリングです。そしてそれらのモードは、澄み切ったクリーンから究極の激歪みまでをカバーし、スイッチによって瞬時に切り替える事が出来ます。
●4つのチャンネル
Clean: ゲイン・ステージをトーンコントロールの後に配置して、澄み切ったクラシックなクリーンからブルージーなクランチまでをカバーします。シンプルにしてピュアなサウンドが魅力です。
Crunch: グリーン・モードでは1959プレキシのサウンドを、オレンジ・モードでは2203を、そしてレッド・モードではフルアップしたJCM800のサウンドを実現します。
OD1: DSL100の歪みと同等、または上回るイメージのウルトラ・ハイゲイン・サウンド。HR/HM系御用達のチャンネルです。
OD2: OD1に更にゲインを加え、トーンネットワークを組み替えギターサウンドに大きな影響を与える中域のコントロールを敏感にしています。
●ラウド&ラウダー
Dual Master Volume機能を装備し、Switch Store機能を使ってフットスイッチに割り当てた際にはソロ・ブーストとして使用出来ます。ResonenceとPresenceコントロールは、プレイヤーが望むサウンド・テイストをスピーカーがいかに再現するかパワーアンプの働きを調整します。またパワーアンプは、1959や2203へ搭載された伝説の吠える様なマーシャル・サウンドをベースに、JVMの多彩なトーンに合わせて調整されています。
●サイレント・レコーディング
JVMは、スタンバイ状態にした時でもXLRアウトプットは完全に作動しています。これはJVMの大きな特徴の一つで、スピーカーキャビネットへ接続しなくてもラインアウトを出力する事が出来る為、自宅でのサイレント・レコーディングが可能である事を示しています。
●スピーカー
スピーカーキャビネットは1960A/1960Bを推奨致します。より分厚いトーンを欲する場合は1960AV/1960BVがおすすめです。

・100W
・ECC83×5、EL34×4
・LINE OUT LEVEL +4dB
・22kg
・750×310×215/mm

※OD1、OD2共に非常にゲインの高いチャンネルとなっております。使用環境(電源環境やケーブル材、使用ギター)により、強くハウリングを起こす事が考えられます。予めご了承下さい。

【初回限定お試し価格】 【ikbp5】 JVM410H Marshall-アンプ

2016年10月号